事業内容

運輸安全マネジメント(平成29年1月1日~平成29年12月31日)

 

  1. 輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く自覚し、その実現のため主導的な役割を果たします。
  2. 全従業員に対し関係法令の遵守と安全最優先の原則を徹底し、安全企業の構築に努めます。
  3. 輸送の安全に関する目標、計画を定め、運輸安全マネジメント態勢を継続的に改善すると共に、全従業員に本方針を周知し、
    安全の確保とそのレベルアップを図ります。
  4. 広く一般に輸送の安全に関する情報を公表します。
  5. 関係各社と連携を深め、一体となって輸送の安全の確保に努めます。

運輸安全マネジメント(平成29年1月1日~平成29年12月31日)

 

重大事故「ゼロ」を目指します(自動車事故報告規則による)

中期的目標

半年間において、事故ゼロを目指す。

短期的目標

 

1ヶ月間における事故件数は、0件を目指す。

デジタルカコグラフを活用し、運行乗務員の安全運転の徹底を図り、同時に省エネ運転の励行を促す。

輸送の安全に関する計画(平成29年1月1日~平成29年12月31日)

 

  1. ドライブレコーダー全車両導入
  2. 車両動態管理システム導入
  3. 無理のない運行を実施するための人員確保
  4. 無理のない運行計画を実施するための車両増車